赤ちゃんの脳の発達のために

 赤ちゃんの脳の発達を促すためには3つのポイントがあるといわれています。

①身近な大人とのコミュニケーション

②遂行機能の発達

③過剰なストレスを避ける


①身近な大人とのコミュニケーション

ここでいうコミュニケーションとは言葉だけでなく表情や発声なども含めた大人とのやり取りのことです。赤ちゃんが笑う⇔大人が笑う、赤ちゃんが声をだす⇔大人も声をだすなどターンテイキング(話者交替)が大切だそうです。人は集団でいきていく生き物です。人との関係の最初の一歩をしっかり経験させることは重要です。

②遂行機能の発達

遂行機能とは目的を持った行動を効果的に成し遂げるための機能です。例えばゴミをゴミ箱に捨てるという行動は、ゴミ箱に捨てる目的を理解し、記憶する必要があります、又途中で飼い猫が前を横切って走ってきたらそれに気づき立ち止まらなくてはぶつかって転んでしまいます。また、自分が猫について行ってしまっては目的が達成できません。記憶や注意の配分を時によって優先順位をつけながらうまく使っていくことが必要です。赤ちゃんの遂行機能は自発的に感覚や運動を使って様々な環境を探索することで自然に発達します。遂行機能の発達の大事さについて親御さんが知っていて安全に探索できる(動き回れるような)環境を提供することは良いでしょう。

③過剰なストレスを避ける

小学生に比べて赤ちゃんは緊張や、不安になったりしやすく(ストレス状態)、その状態から通常の状態に戻る力も弱いと言われています。過剰なストレスは脳の成長にも悪い影響があると言われています。過剰なストレスとは長期間にわたり緊張状態を強いられているような状況を言います。回復可能なストレスは行動の発達を促すという良い側面もありますのでストレスを全く与えないようにしろということではありません。しかし、基本的には赤ちゃんが安心できて、楽しそうにいられることは大切です。




参考サイトTHE BRAIN STORY

コメント

このブログの人気の投稿

脳性麻痺 痙直型両麻痺

つま先歩き(尖足歩行)

脳性麻痺児の理学療法 アテトーゼ型 ヒョレア