背中を伸ばせと言わなくても座位姿勢が良くなる遊び

①バルーンに座って転がってきたボールを拾う

②拾ったボールを投げる

ボールをうまく座るために背中を伸ばした状態が必要なので無意識に背中が伸びます。ボールを拾う時にで背中を伸ばしたまま股関節だけ曲げる運動感覚を学習するドリルになります。二つの姿勢を交互に行う結果自然に坐位姿勢の取り方が変わります。





 

コメント

このブログの人気の投稿

脳性麻痺 痙直型両麻痺

脳性麻痺児の理学療法 アテトーゼ型 ヒョレア

つま先歩き(尖足歩行)